シギワチ
   なぜシギワチか
   シギワチとは
   シギワチの由来
   かけ声(wav)
 
 
二葉呉服店
   ホームへ






シギワチは
少ない者勝ちのジャンケン
グー、チョキ、パーの「出し手」。
それぞれの「出し手」のうち最も少ない「出し手」が勝ち

参加者が100人でも1000人でも勝敗が一発で決まる
1000人でやると、それぞれの「出し手」を数えるのも大変ですけど・・・


用例:
グーが3人、パーが3人、チョキが1人の時はチョキの勝ち
グーが5人、チョキが4人、パーが3人の時はパーの勝ち

ちょっと特殊な例:
グーが2人、パーとチョキが1人ずつの時は、パーとチョキが勝ち
(最も少ない出し手が2種類の場合は、2種類とも勝ち)


ただし、以下の場合は アイコ となります
アイコの発生頻度は極めて低いですけど
アイコの例:
グーが3人、パーが3人、チョキが3人の時
(出し手が3種類とも同数のとき)


大阪近辺では多数勝ちのジャンケン
「オイモンガッチョ」(多い者勝ちよ)があるらしい

言うまでもありませんが
シギワチは3人以下でのジャンケンには向きません
次へ