貧乏ボードの道具


ボード   スノーボートと言う。スノーボードではない。訳すと雪の船。
         プラスチック製のそり。
         雪国の子供たちの定番あそび道具だ。小学校3年生くらいになると
         スノーボートからミニスキーに進級する。
                   
        サイズが「大」と「小」の二種類あるが、
                  貧乏ボードには「小」が適している。
           「大」だと足が動いてしまうのだ。
        大館市のホームセンター・ヤマキでは380円(税別)

長靴   雪国の必需品なので特に買う必要はないだろう。
        近年は紳士用もカラフルなものが多くなった。
        昨年は白地に黒線の長靴をはいていたのだが、破れた。
        今年は白地が見つけられなかった。

手袋  さすがに転ぶとつらいので手袋は必要。
       軍手だとすぐに濡れてしまうので不適。
       最低でも軍手の上にゴム手袋を履くように。
         (雪国では手袋も「履く」ものなのだ)        

貧乏ボード表紙へ