寸法はメートル法に

着物業界の不思議の一つに尺貫法がある。
いまだに着物の寸法は尺だの寸だの分だのを使う
自分の身長を尺で言える人はおらん!
いい加減に気づけよ。

この点にいち早く対応したのは足袋業界。
すでにサイズがセンチになっている。
「6文半の足袋」はすでに死語。
すばらしい。

自分の身長も腰回りもセンチ表示なのに
身に付ける着物だけが尺寸だというのは
どう考えてもおかしい

しかも、地域によって鯨尺と曲尺の違いが
あるため、婚姻の範囲が全国に広がった現代では
ややこしくてしょうがない。

なんで、業界は尺寸なのかというと
なんとなくプロっぽく聞こえるから
にほかならない。

大工さんや舞台の大道具さんが
尺寸なのは、それを使う側に影響がないが
こと、身に付ける物のサイズが馴染みのない単位
でやりとりされるのは、
着る人にとって気持ちの良い状況ではない





残念ながら化繊です。

シミ抜きのご依頼にお客様が持参される着物の中には
化学繊維のきものがあります。
開口一番「これ昔、高かったんですよ」とお客様。
こういうときは必ず、ご自分でお買いになったかを聞きます。
自分で買われた着物だったら、その着物が化学繊維を使った
粗悪品であることを申し上げます。

見分け方はすごく簡単です。
ほつれた糸を一本ハサミで切って、火を付けてみます
ブワーと燃えることがあるので流し台の上でやってください
臭いをかいでみてください。もう、誰でも分かります。
やけどには十分に注意してください

化繊を「正絹」といつわって販売する業者がいます。
聞くところによると、そういう業者さんは決して「正絹」とは
明言しないそうです。
「間違いのない生地です」とか「良い生地です」とか言いながら
わざとお客様が誤解するようにし向けるのだそうです。

それは詐欺です。絶対に許せません!
そんな業者のせいで業界全体の信用がなくなることも許せません

ただ、ご自分でお買いになったかを聞いた際に、
「嫁入りの時に親が買ってくれた」とおっしゃった場合は
「このシミはあきらめてください」的な言い方をして
お引き取りいただきます。
娘を嫁がせる親がどんな気持ちで化繊の着物を持たせたか。
娘を喜ばせたい一心の親心を台無しにする必要も権利もありません。





わざとB反?

テレビのCMを見ていて思いついたお話です。
すべてフィクションです。

まがい物(粗悪品)の訪問着を1着5千円で仕入れた業者がいました。
これを8千円で売ろうとしましたが、なかなか売れません。
お客さんは「なぜ安いのか」の理由を求めるからです。
販売員が品質の悪さを説明しようものなら
お客さんは買わずに帰ってしまいます。

ある日。
お客さんに例の訪問着を見せていると
お客さんは、安さの理由を尋ねてきました。
困った販売員は、そこで名案を思いついたのです。

販売員は、とっさに訪問着の裏側を爪でひっかきました。
そして、そ知らぬ顔で、たった今、自分がつけたキズを示しながら
「ここにキズがあるから安いのです」
と説明したのです。

目をこらしてキズを探していたお客さんは、
小さなキズを見つけて、安さに納得しました。
「キズさえなければ、高価な品物だったろうに」と思うと
大損をしただろう販売業者がかわいそうにさえ思えてきました。

販売員はこう続けます。
「キズは裏側ですから着るには支障がありません」
お客さんは、考えました。
目立たないキズ1つあるだけで、こんなに安いならお買い得だ。
商談は即座に成立しました。

お客さんは、完全に納得してお金を払いました。
仕立て代は他店よりもずいぶん高い、と思いましたが、
訪問着が安く買えたので、文句はありません。

お客さんは大喜びで帰っていきました。
お客さんが帰るのを待ちかねて、一斉に値札の交換が行われました。
8千円だった訪問着には
20万円の品 キズのため 4万8千円
の値札が付けられましたとさ。

ドット、ハライ


くどいようですが、以上はフィクションです。
本当に思いついたんです。
聞いた話でも、見た話でもありません。
あーあ。もう、ちょっと早く思いついてたら、儲かっただろうになぁ
でも、もし、こういう売り方が行われたとすれば、
それは、詐欺行為じゃないでしょうか?









和服の値段

「きものの値段は分からない」とよく言われます。
これは、ある程度しかたのないことと考えています。
きものの値付けというのは、絵画のそれに似ています。
買い付け人(横文字ではバイヤーと言うのでしょうか?)が
「良い!」と思えば高くなりますし、
「まあ、まあ」と思えば安くなります。

ゴッホの絵が、欲しいと思う人がいれば高くなるのと一緒ですね

でも、このシステムのおかげで良いきものが安く出回ることも多いのです。






値付けの基準

買い付け人が純粋に自分の感性だけで根付けをしていたら
きものの値段はさらに訳のわからないものになります

そのため、値付けには一定の基準が自然発生しました。
厳密には、これだって一種のカルテルなのかも・・・(笑)
第一に、有名作家さんの作品は高いです。
作家物と呼ばれる商品は、やはり安定感がありますからね
誰が見ても良いというものが多いです

第二は、手が混んでいる物は高いということです。
製作者の方々が一生懸命、手間ひまかけて作った作品は、
どうしても、高値がつきます。
これはしょうがないですね。
製作者の気持ちがこもっている作品なら
失礼のない値付けになるのは当然だと思います。

生地の善し悪しも価格に反映されます。
気をつけていただきたいのは、
正絹にもピンからキリまであるということ。

「正絹」「絹100%」て書いてあっても安心はできませんよ




値付けの実際

具体例を挙げます。

黒留袖
黒が鮮やかな生地を使っているほど高い。
柄の面積が広いほど高い。
刺繍など高度な技法を使っているほど高い。


織目がこまかいほど高い
織目のこまかさに比例して重くなります

小紋
柄が細かいほど高い
柄のパターンが多いほど高い
色数が多いほど高い

そのほか、しっかりした生地のものは高いです。
ただし、これは柄ゆき、色使いなどで十分に判断できます。

だって、もし、あなたが制作者だったら
満足できる作品を作ろうとしたときに、粗末な生地は使わないでしょう
ただし、柄入れの途中で失敗した
高級生地のきものは出回るかも知れませんけど。
裾全体に黒いぼかしが入った振袖が
「B反まつり」みたいな催事の広告に載ってますけど
あれって、もしかして失敗作に色掛けしたの???





まがい物

上記の基準はあくまで、基準です。
世の中、偽物があるから、分かりにくくなっちゃう

ダイナミックな柄の振袖や黒留袖なんですが、
金糸をゴムのりで貼り付けているものがあります
かなり高い頻度で、金糸がはがれてきます

手描き友禅を装いながら
実は印刷だった
というのも、よく聞く話し。

ほんの一部だけ手描きで
ほかは、印刷ということもあるようです。

生地に粗悪品を使ってコストを下げ
柄を印刷することで大量生産している
製品も見受けられます。
まがい物が平気で流通しているのは
やはり、悲しい現実です

なぜ、まがい物が出回るか
効率よく、たくさんの製品を作ろうとするから
に、ほかなりません

振袖、袋帯はもとより、かんざしから草履まで、
全て同じ物を身につけた方が
同じ成人式に何人か出席していた
というのは、笑えない笑い話ですから






うまい買い方

まがい物を高く買うのだけは避けてほしいです

これはもう、信用できる売り手を選ぶ
につきると思います

上記のまがい物とは別に
シルクスクリーンで染めた小紋などという
きものもあります

型染めに似せて、製造コストの安い方法で
作っている製品です

上記の金糸がはがれる黒留袖とは違い
経年劣化などの点では、型染めとほとんど遜色がありません

先述の値付け基準からはずれた作品の中にも
実は良い物がたくさんあります
柄の面積が狭くても、シンプルで粋な感じを出すのに
成功している訪問着も多くあります

個人的には、こういうものを
しっかり理解した上で上手に見つけるのも
賢いきものの楽しみ方だと思います

きものの価値は誰かが決めるのではなく
着る人自身が見いだすもの

価格的に安いからといって
気後れする必要は全くありません

帯締めでアクセントをつける
帯あげの配色で冒険してみる
などなど、きものを楽しみながら
自信をもって着こなせば
必ずや、すてきなきもの姿になるはず

気に入ったきものが
安く手には入いるのでしたら
それにこしたことはありません

「高いタンスの肥やし」よりも
「気軽に着れるお気に入り」のほうが何倍も価値がある
と思うのですが、いかがでしょう?
















大館,二葉呉服店,双葉,ふたば,呉服,きもの,着物,おおだて,キモノ,フタバ