ビンの包み方
ペットボトルが登場するまで
飲み物類を一手にまかなっていたビン。
便利な一方で、割れやすいという弱点を持っていたため、
風呂敷とのコンビネーションが発達しました。
リサイクル可能な容器・ビンの復権はエコロジーの基本。
風呂敷とのタッグチーム復活が鍵を握っています。
 
名前か絵をクリックすると結び方の手順図解に進みます
 
前結び 酒を贈るときだけは
中身が見えてもいい。
”酒”という存在が日本人にとって
”ハレ”を意味しているからなのだろう。
これも中身が一部見える包み方。
 
一本巻き ビンの破損防止と
粋の表現ならこの包み方。
一升瓶ならこの包み方が
一番かっこいい。
 
一本手提げ 持ち運びやすさ
ならこの包み方。
これもビンの一部が見える。
ただし、一升瓶には似合わない。
洋酒向き。
 
 
二本巻き ビンを二本包む代表的方法。
衝撃に強く、タフなイメージがある。
長時間運ぶときはこれ。
 
二本手提げ 風呂敷を巻き付ける包み方とは
ちがい、立てたまま包めるので
栓がゆるい場合にも使える。
 
夫婦つる ワインなどに合うと思う。
多少、持ちやすさは犠牲になるが
包んだ外観自体がおしゃれ。
 
立てたまま
ビン包み
ビン同士がぶつからない
しっかりした包み方。
栓がゆるい場合にも使える。
 
三本包み 三本以上を包む方法。
風呂敷を二枚使う。
ただし、包んだけど重くて
持ち上がらないという心配はある。

二葉呉服店ホームページ 風呂敷トップページ 包むもの選択画面