ららら 芹沢_介( せりざわけいすけ)

1895〜1984

伝統の型染技法を発展させて
独自に”型絵染”と称される技法を
確率しました。
1956年、人間国宝として認定され、
1976年、文化功労者に選ばれています。
日本文字を図案化したデザインが特徴で、
柔らかな曲線とすっきりしたアウトライン
そして、伝統と斬新さが融合した
独特な色使いが人気を集めています。
パリで開催した展覧会をきっかけに、
世界的にも注目を集め、
その個性的な色彩感覚はマチスと
並び称されています。
  

芹沢カタログへ