.     

天声ちんこ
祈る
たまには違うコースで犬を散歩させようと歩いていたら
神社に行き着いた。
犬を境内に入れてもいいものか、ちょっとだけ迷ったが
神様はあらゆる動植物を慈しむ存在だと勝手に解釈して
そのまま鳥居をくぐった。

引き綱を持ったまま、賽銭も入れずに柏手(かしわで)を打ち
祈った。

ずいぶん、都合のいい参拝だなあと思いつつ
若かったころは、神仏に祈るなんてことはなかったなあ
などと考えながら、祈った。

災難に遭いませんように

ほとんどの人は
幸運が訪れますように
と祈るのだろうな、と思った。

これも、ネガティブシンキングとかポジティブシンキングとか
そういうことなのかなあ、とも思った

じゃあ、 オレは
ネガティブな人間なんだ
なあ

でも思った。
本当に熱心に神を崇拝していた大昔の人たちは
きっと、ネガティブなほうの祈りをしていたのではなかろうか

だって、厄除けのほうが開運よりずっと 切実だもの

天才と一般市民
昔、テレビで選挙演説を見るとはなしに眺めていた。
映し出された立候補者が モスコーという名詞を
何度か発した。
最初「モスコー」の意味が分からなかった。
やがて。一般的に「モスクワ」と呼ばれる(カタカナ表記される)
地名をこの候補者が「モスコー」と発音しているとわかった。

「モスコー」のほうが現地の発音に近いのかも知れない。
が、「モスコー」の前後が全て純然たる日本語なのに
なぜ、「モスコー」だけ現地語なのか?
その場所は日本語でモスクワと呼ばれていて、
その候補者が語りかけている対象(有権者)のほとんどが
「モスクワ」と認識しているのに。
わたしは、この候補者の感覚が一般有権者とは
乖離(かいり)していると判断した。

昔、ニューヨークに住んでいた坂本龍一さんは
日本で話題になっているTV番組のビデオを
送ってもらい、見ていたという。
一般的な日本人の感覚を理解するため、だったという。
坂本さんほどの天才である。
一般人に迎合する必要はないと思った。
でも、違った。
天才は一般人に合わせることで一般人に自分を
理解させなければならないのだ。
独善的な天才は評価されにくい。

さて、選挙演説にもどる。
為政者は有権者(市民)よりも優れていなければならないか?
必ずしもその必要はないと思う。
市民と同じ感覚で市民がそうするであろうという判断をする
それが為政者の役割であろう。
ただし、ときとして出現するであろう優れた為政者(天才)は、
独自の卓越した判断力と市民感覚を
自身の中で消化し、市民が同意できる形で具現化してしまう。

そういう政治家が現れたら一票入れようと思う。

だが、その天才を識別する能力がオレにあるかは、
はななだ疑問である

暖冬を喜ぶ
今冬(06-07)は記録的な暖冬だそうだ
確かに2月の初旬である現在も道路はカラカラで、
雪寄せして積み上げた場所にしか雪はない。
冬が大嫌いな私にとっては、すごく 幸せな冬だ。

先日、ちょっと考えた。
経済を守るために軍備しているという現実。
今、良いくらしをするために、戦争の準備をしている。

親が良いくらしをするために、

子供たちに人殺しをさせる


それが許されるはずはない!

暖かい冬を「幸せ」と思うことは
気象変動を喜んでいることである。

この暖冬が地球の気象変動の一環だとすれば
将来的に予測不能な気象状況になる危険が大きいということで
この理屈をたどると、
子供たちの不幸を危惧しながらも、
今の自分の幸せを謳歌している親
という図式が成立し、これは、とりもなおさず、
先述の「経済のために軍備する親」と同じということになる。

とりあえず、今、親たちにできることは
「できるだけ自転車を使う」ことくらいしか
思い浮かばないのだが・・・

夢を話してくれ
基本的に人と話しをするのが大好きなのだが
中には、話しを聞いていて滅入ってしまうタイプの人もいる
なんでかなあ・・・と思い、ちょっと分析してみると
現実論ばかりで夢が含まれていない話しをする人だ

ホラや妄想を聞かされるのはとてもツライが
現実の話しばかり聞かされるのもツライ
そして、この手の話しをする人に限って、知識だけは豊富なので
わたしの夢話しや大風呂敷話しに対して、
冷静に過去の失敗例を教えてくださる。

そういう人が全て夢のない人だとは思わない。
中には大きな夢や希望を持っている人もいると思う。
その夢の一部でもいいから、現実論の中に混ぜてくれないかなあ

田舎じゃ
ウォークマンできん
 iPodの人気で、都会じゃイヤホンして歩いてる人が
いっぱいいるらしい。
 と思って東京の電車で車内を見回したが、
通勤時間帯外ということもあってか、
意外にイヤホンくんは少なかった
一方で人数は少ないけど、イヤホンをしてる
中高年が多くかったことに驚いた。

 前にも書いたこととちと重なってしまうけど
イヤホンして歩けるのは都会だけなんだよなあ、と思った。
イヤホンして知り合いに会うと、イヤホンを取ってあいさつして
再びイヤホンを着けるという作業を強いられる。
そんで、田舎ではこのあいさつする頻度が高いのだ。
いきおい、田舎ではイヤホンして歩けない。
 なんで、田舎は知り合いと出くわす可能性が高いのかとふと考えた。
まず、人口密度が少ないために、見通しが良い。
通りのはるか向こうの知り合いも見えてしまう。
 行く所が限られている。日曜日はショッピングセンター。
平日は病院に人は集まっている。
昼時はラーメン屋。夜はレンタルビデオ屋だ。
ほかに行くところがない。
結果、知り合いとでくわす確立が高くなるのだと思う。

 ときどき、イヤホンをして歩くことがあるが
音量は小さくしている。
うしろから声をかけられても失礼のないようにだ。
それでも、外界の音を遮断するとすごく不安になる。
浮遊感があって楽しくはあるのだが・・・。

何が言いたいかというと
きっと田舎では
ウォークマンが売れないんだろうなぁ 、と

ディズニーの憂鬱  ディズニーランドに行ってきました。
 台風の影響で親子4人びしょぬれになりながら貧乏根性丸出しで
かけずり回って来ました。子供たち、よく風邪をひかずなかった!

 ディズニーランド大嫌いだった私が、大好きになったわけ

 6年くらい前でしょうか
 園内は混雑していた。
30分ほど並んでファーストフードを購入たわたしは、
ハンバーガーやらフライドポテトやらを両手に積み上げ
(トレイを借り出すという知恵は働かなかった)
まさに始まらんとしていたパレードに急いでいた
そして、案の定、すべての食材をドバーっと
床にぶちまけてしまった
 すると、それを予見していたかのように中堅クラスとおぼしき
係員が駆けつけて「すぐに同じ物をお出しします」と
わたしがぶちまけた食材と同じ物を待ち時間なしで渡してくれた
 食べ物をダメにしたショックとパレードが見れなくなったという
ダブルショックに落ち込んでいたわたしにとって、
この対応は感謝を超越して驚愕に値した。

 このできごで、わたしは
「ディズニーには絶対にかなわない」
 と思うようになった。
 そう思ったら、もう開き直っちゃってディズニーランド大好きになった

 ディズニーランドは全てがシステマティックにできている。
上記対応しかり、全てのお客に不公平感を感じさせないように
工夫がなされている。列の割り込みなども皆無と言っていいだろう
 だからお客は余計な緊張感なしに夢と魔法の王国を堪能できる。

 お客はスタッフを信頼している。
 お客とスタッフはフレンドリーな関係にある。

 しかし、一方で
お客同士は、緊張状態にあるのだ。

お客同士は敵対している。
それぞれの客は他の客よりも、より良い思いをしようと情報を集める。
裏ワザ本を精読し、ネットでクチコミ情報を仕入れる。
そして、それらの情報を極力同日入園の敵たちに知られないよう苦労する

当然の帰結として 客同士の会話はほぼ皆無 なのだ。

小さい子供連れの親子が立ち往生していても
誰も手助けしない
なぜか
スタッフがシステム通りに対応するはずだからだ。

ショーの入場では混乱を極力避けるよう工夫はされているものの、
裏ワザ情報を持った人たちやディズニーオタクたちが
良い席を求めて殺気立っている。
出遅れた子供の分の席を確保している親に向かって
「場所取りは禁止ですよ!」と語気を荒げる

人間が集まるところに約束事やシステムは重要だ。
しかし、システムが思いやりを凌駕してしまった例が
ディズニーランドなのだ

ディズニー内の人もこの点は苦慮していることだろう
システムを信頼しきったために思いやることをしなくなった客。
それを制御するためには、さらなるシステム化が必要となる

ディズニーランドには連日数万人が訪れるという
ランド内で友だちができたことが一度でもありますか?
シュークリームだらけ  ウチは元来もらいものが多い。漬け物、キノコ、山菜、お菓子、釣った魚などなど。とてもありがたいことだと、本気で感謝している。まあ、一方では子供たちの栄養不足を町中の人たちが心配してくれているのかなあと思うと、少しせつなくなったりする(笑)。

 特にうれしいもらい物はお菓子だ。ウチは基本的に甘党なので、夕食後にお菓子を食べることが多い。毎日、ケーキが食えたら幸せだとは思うが、ピーナッツチョコでも十分に幸せだ。羊羹や大学イモ、大判焼きなんかも幸せのもとである。ちなみに私の好物はバナナボートだ。

 シュークリームは大好きだ。特に表面がサクサクした今ハヤリのはなおさらだ。だが、しか〜し。今、ウチの冷蔵庫はシュークリームが2箱。かなり食ったものの軽く15個は入っている。そして、ケーキ類は賞味期限がザクの進撃のように迫ってくる。実際、2箱のうちの1箱は賞味期限が昨日だった。まあ、賞味期限の2日や3日はあまり気にしないのだが、それにしても、これを全部食べるのは大変だ。

 「基本的に甘党」と書いたのは、嫁が一部例外になるからだ。嫁は驚くべきことに生クリームが苦手なのだ。生クリームが食えない人間を私は初めて見た。その初めて見た人間と結婚する私もどうかしてる。が、いずれにしても今回のシュークリーム壊滅作戦の中で嫁は戦力にならない。
 そんな切迫した状況の中でも根が貧乏性なので、シュークリームを捨てるなど言語道断。賞味期限の大丈夫なのからお客さんに出したりもしているが、このシュークリームのプレッシャーに耐えられるか?

鍛えるべきは
 会話の反射神経
 店は旧式シャッターなので、シャッターを開けた後、4本の支柱を外して裏口の常置場所に運ぶ。長さが4mくらいある鉄製の支柱を肩に担いで運ぶのだから、曲がり角では歩行者や自転車に注意しながら一時停止や大回りを心がけている。それでも歩行者を驚かせてしまうことがあり、そういう時は「すみません」と謝る。これに「いいえ」などと返してくれるのはお年寄りのほうが多い。若い人は声を掛けられたことでさらに驚き、動揺したまま通り過ぎる。
 若い人は、見知らぬ人から路上で突然謝られるという経験がない。一方のお年寄りは路上で声を掛けられることに慣れている。昔はみんな路上でコミュニケートしていたからだろう。加えて、自分から声をかける技術も持ち合わせている。歩道を掃き掃除している私が歩行者に気づかないとき「通ります」と声をかけてくれるのもお年寄りだし、ホウキを止めて通過を待っていると「すみません」などとねぎらってくれるのもお年寄りが多い。若い人でも私が手を止めて待っていることは気づいているし、手間取らせたという意識はあるのだが、言葉が出ない。
(もちろん、歩行者が来たらホウキを止めるのは常識だし、その行為に対して感謝を要求するべきではないのだが、掃除を中断させた側が「すみません」と一言言えば、お互い気持ち良いじゃないですか!)
 世の中がどんどんシステマチックになって、他人と突発的なコミュニケーションを取ることがなくなっている。コンビニに行けば無言でいつもの買い物ができるし、イレギュラーな事象が発生する頻度は極めて低い。人はどんどん突発的なコミュニケーションを必要としなくなり、必然的に会話の反射神経が鈍っていく。
 すれ違いざまに全くの他人が「今日のコートジボワールの天気はどうですか?」と聞いてきたら「今日はわかりませんが、昨日は晴れてたと思いますよ。みなさん、良い色に日焼けしておられましたから」ぐらいのことが言えるようになりたいと思う。
 サッカー界では日本人フォワードの決定力不足が叫ばれて久しい。決定力は反射神経だ。日本人が日常の反射神経を鍛えないことには、釜本を超えるフォワードの出現はありえないのではないか
 
子どもは自分の感応器官  数年前に子どもが生まれた。何年か前に子どもが増えた。自分の自由時間は減った。と言ってもこれを午前中に書いているくらいだから、ほかの人やウチの嫁さんに比べたら私の自由時間は格段に多いのだが。
 それはさておき、子どもは病気になる。家族3人の時よりも5人のときのほうが、家の中に病気が存在する確率が高くなる。簡単に言うと家族が増えると面倒も増える
 だから、子どもは欲しくないという気持ちはとてもよく分かるのだ。自分一人なら一人分の面倒で済む。そいで、自分が病気になったときはシングル仲間の友人が看病してくれるし、いざとなれば入院して完全看護でもいいじゃないか。ちゃんと代価を払って入院したほうが気も楽だ。

 その通りだと思う

 でも、昨日わかったことがある。
 娘が風呂に体を浮かべて喜んだ。水に浮くのがうれしいらしい。水泳部だった私にとっては遠い昔の感覚。すっかり忘れた感覚だ。娘が喜んでいるのを見ながら、その感覚を思い出した。そして、過去の自分の「うれしさ」とは別に、始めて浮いた人としての「うれしさ」も感じた。
 自分の子どもの感覚は、かなり大きな確度で共有できる

 わたしは、そのとき、そう実感した。
 娘が病気で苦しんでいると親も苦しいじゃないか。息子がケガをしたら親も痛いじゃないか。もしそれが他人の子どもなら、苦しいか?痛いか?
 逆に自分の子どもが初めて水に浮いたとき、うれしい。良い成績をとってきたとき、うれしい。他人の子どもでも、同じようにうれしいか?
 子どもは自分の感応器官なのだ。痛いも苦しいもうれしいも楽しいも、もう一人分の皮膚感覚として感じることができるのだな。
 子どもが増えると、辛いことも面倒も増えるさ。でも、子どもが増えるとうれしいことも増えるんだぜ。同じだけね。
 良いことを思いついたんだ。子どもを風呂に入れるときでも、寝かし付けるときでもいいから、その日一番うれしかったこと、楽しかったことを聞いてみようと思う。きっと、子どもの数だけうれしくなれると思う。
   子育てもまんざらじゃねーじゃん
ビールがスムーズ?  外国ビール(国内製なんだけどね)のうたい文句に「スムーズ」て言葉があった。今はもうないかも。
 多分、のどごしの良さを表現したんじゃないかと思うけど、この言葉、日本では「本来スムーズじゃないけどこの製品はスムーズ」というニュアンスで使われる。
 「グイグイいける」てのも同じで「本来グイグイいけない飲み物だけどこれだけはいける」というニュアンスが含まれる。でも、ビールて本来からグイグイいくもんでしょ?
 ちなみに私は下戸だからグイグイはいけない(涙)
 前述の「スムーズ」には”ビールはスムーズじゃない飲み物”という裏認識が見えてしまうのだよ。電通だか博報堂だか知らねーがっ

 「スープにすれば野菜がたっぷり食べられます」ていう料理番組にも違和感。これもまた「食べづらい食べ物である野菜ではあるが」という、認識の上での表現になっている。発言者はこの認識を常識として扱っている。
 食べづらい食べ物というのは、おいしくない食べ物という意味あいである。
 どうも、このへんの表現に違和感があるのだなあ。わたし的には。
スムーズにのどを通らない飲み物を無理して飲むこたぁねーだろうよ。おいしくない野菜も無理に食えとは言わないって。
 なんか、このへんの言葉使いに「座りの良い言葉でまとめたいんだけど、いい言葉が浮かばないもんだから、そのへんにあった借り物の言葉でやっつけちゃった」という制作者側の事情が見え隠れするんだけどなあ。
 もっと、気楽に日本語使えばいいのに。オレらネイティブなんだからさ(笑)

ちなみに、私は日本語と大館弁のバイリンガルです (自慢!)
リクエスト
することの意味
FMラジオや有線放送、古くはジュークボックス
これらに自分の好みの曲をリクエストするのは
個人的なオーディオ装置が普及していない頃の
前時代的な行為だと思っていたのさ。
だって、聞きたい曲があるなら、
CD買って聞けよ!て思わない?
でもさ、違うんだよね
「良い曲だから、みんなも覚えてね〜」
的な、お節介リクエストもあるだろうけど
共有したいからリクエストするんだよね

ニュージーランドのパブで誰かの歌い出しに合わせて
居合わせた人たちの大合唱が始まったのを見た
歌はビートルズだったと思う。
私は「西洋人は誰でもハモれるんだなあ」
と、とんちんかんな感動をしていたのだが
それは、日本が誇る世紀の発明品カラオケ
とまさに対極な楽しみ方だった

カラオケは「自己主張」なんだな
歌い手だけ快感。みんな不快。
合唱は「共有」。何かを共有する喜びだよ

なぜ、サッカーをパブリックビューイングで見る?
共有したいからさ

もし、自分がラジオにリクエストした曲を
どこかの街角で車を運転しながら誰かが歌ってたら。
想像するだけで、けっこう、いいじゃない?

寂しいから「共有」したいんじゃなく
「共有」したほうが楽しいからそうする
日本人は、それに気づくのが遅すぎたかもね
まだ、まにあうかなあ

おバカな
少子化対策
出生率が下がっているらしい。
政治家にとっては超深刻な問題。
だって、自分の子や孫が政治家になったときに
税金を払う人間が居なくなる

税金が入らないとイバれない
税金が入らないと利権が生まれない
税金の入らない国の政治家はウマミがない

さて、困った政治家さんは
少子化対策なるものを始めた
出産費用をタダにしまっせ〜

そうそうバイクの高速道路2人乗りも
もともとは少子化対策なんだよねぇ
バイクに乗る年代のカップルがセックスする機会を
増やしましょうというのがその趣旨
この おバカ〜ぁ

若い人たちが子どもを作らないのは
出産費用が払えないからでも
バイクに タンデムできないからでもね〜よ

子育てが楽しそうに思えないからだ〜よぉ
出産適齢期たちの親(政治家さんの多くもこの世代だろ?)が
「子育ては苦痛!」て子どもたちにすり込んだ結果だよぉ

だから、本当に必要な少子化対策は
子育ての楽しさを啓蒙することなんだぜい

子どもって かわいい!てことを
出産適齢期たちにすり込み直すだけでいいのだ
おしかり覚悟で言うならば
ペット屋の店頭で犬猫が欲しくなるのと同じ
心理状態を作ればいいのだぁ

えぇ?
なにを
今さら!
ウチのサイトには「風呂敷の包み方」があります。
ここ1ヶ月は一日平均500件のアクセスがあります。
それまでは多くても100件くらいでした。
その前は、多くても50件くらい。その前は・・・
まあ、一日平均30アクセスくらいだったんですが
それでも個人サイトとしては多いほうだと思ってました。
それが、なんと500件。
カウンタが壊れてるんじゃないかと疑ってみたりしたのですが
メールや電話での問い合わせも急増していて
まんざら、カウンタ故障でもないらしいです。

好事魔多し

前述の「風呂敷の包み方」は、
二十数種類のふろしきの包み方を紹介しているページで、
当時、私も会員登録していた某ふろしき推進グループ(以下F研)の
会報から転用した包み方も掲載しています。

2000年5月の開設当時、F研にはサイトがありませんでした。
会報からの転載許可を求めた私に対し電話で対応した男性は
「転載の際はF研の電話番号を明記すること」という条件を付け、
許可してくださいました。

2006年6月19日、いきなりこのF研から電話が来ました。
F研「そちらのホームページでF研の名前を使っているが
了解は得ているのか?」
私(当時の状況を説明し)「了解を得ています」
F研(了解を得ているという回答に驚いた様子で)
  「こういう場合は電話番号ではなくF研ホームページにリンクするのが常識」
私「当時、F研にホームページがありませんでした」
F研(ウチのサイトがF研サイトより古いことに驚いた様子で)
 「文章で交わした契約がないのだから、その許可は有効ではない。
  F研ホームページにリンクした上で、
  あなたがF研の年会費を支払ってください」
私(なんか、むちゃくちゃな話しだなあと思いつつ)
 「分かりました。リンクに関しては次回更新の際に対応させていただきます」
  (実は私、F研の年会費振り込み用紙を大事に保管してました)
F研「次回の更新はいつか?」
私「時期は未定です」
F研「更新なんて 10分でできる
私「いくらなんでも10分では無理です」
F研「ホームページ制作の担当は誰か?」
私(なんで、そこまで言わなくちゃならないんだとキレぎみ)
 「無言・・・」
F研「あなたが作っているなら10分で更新できるでしょ」
私「ご主旨は理解いたしましたが更新時期はお約束できかねます。
  昔の話しとは言え、そちらの了解を頂いているのに、今さら
  そんな性急なことを言われても困ります」
F研「これ以上あなたとお話ししてもムダですね」
私「はぁ」
F研「そちらのホームページからF研の名前を一切、削除してください。
  迷惑ですから」 ブチッ! (いきなり電話が切れる)

この地域の人が嫌われる理由が少し分かった
※F研の発言は京都弁を標準語に変換して掲載しました
漢字変換の弊害 銀行で順番待ちをしているとき、なにげなく受付カウンターの張り紙に目がいった。
「何時も当行をご利用いただき・・・」。
出だしの「何時も」はなんと読むのだ?
一瞬考えたものの、きっと書き手は「いつも」と読ませたいのだろうなあ
との結論に至った。

でも、普通は「なんどきも」と読むだろう。ねえ。
「なんどきも」と読む人のほうが大多数だと思う。

というか、書き手が「いつも」と書きたかったのは明白。
んで、パソコンに「いつも」と打ち込んで漢字変換したら
「なんどきも」が出てきて、書き手としては「あぁ、これで”いつも”なんだ」
と納得してしまい、そのままプリントアウトしたという情景が見える。

つまり、パソコンの漢字変換機能を媒体として書き手と読み手が
没交渉(コミュニケーション・ブレークダウン)してしまったのだ。

書き手が漢字変換に依存してしまったために起こったささいなできごと。
多いと大い 数がたくさんのことは多いと書くけど
それを漢字でタイリョウと書くときは大量になる。
いまだに、しっくり来ない。
多い量なんだから多量(タリョウ)でいいじゃないか。なんで大きい量なんだ?
だいたい、量が大きいてことはないでしょう

あ。量というのはカサこのことだ。
つまり、対象物が小さすぎて数えられない物を量るときに使う升が大きいということか
じゃあ、米は大量だ。小麦粉も大量だ。水はどうだ?升で量るから大量か。
魚もチリメンジャコは大量だ。イワシは多量だろうな。シシャモはどっちだろう

ほかに多数という言葉もあるんだよな。
などと考えていたら大いに笑うという言葉に
ひっかかった。

大いに笑う、大いに語る、は、笑いや語りの声が大きいことではなく
その回数が多いことでしょ
そしたら多いに笑うが正しくないか?

でも、升で量って大きい笑い方てのも、ニュアンスは分かるなあ。
詳しい人、これを読んでたらメールください。
腹を割る を割って話し合うということは難しいことだ
たいがいの人はに一物、忍ばせて話しをする
そこで、のさぐり合いが始まってしまう

「気の置けない仲」という言葉がある。
気を放置できないんだったら、緊張しているということか?
でも実際はフランクな関係という意味で使う(でしょ?)

まあ、気の置けないかどうかは置いといて
フランクな関係=腹を割って話せる関係

いよいよ本題

お互いの弱みを知ってるからフランクになれる
お互いが強がってたら、腹を割った話しはできない

交渉事はさておき、
まず、自分から一つ弱みを見せることが肝心じゃないか
相手も一つ弱みを見せてくれたら、フランクな関係が始まる

こっちが弱みを見せてるのに、自分だけは一生懸命強がる人がいる。
そういう人とつき合うのは、正直、疲れるんだよなあ


方言が消える 上手に方言を話す女の子はチャーミングだと思う。
しかし、最近の高校生は標準語みたいなのを話している。
昔は、訛ったほうがかっこいいと思って
わざと必要以上に訛ったものだが、最近はそうではないらしい。

特に気になるのが、方言で敬語を話せる若者が絶滅しかけていること
標準語で話した場合と、地元の方言で話した場合だと
明らかに親密度が違う。
相手がある程度の年配者だとその傾向はより強くなる。

標準語を疎んじている年代と話すということは
方言が必要になる。
その世代というのは、ほとんどが年上だから、
当然、方言も敬語を使わなければならない。

(年功序列が良いと言っているのではなく、
年齢という明確な順番付けによって
遠慮する側と遠慮される側が決まるなら
遠慮する側(この場合は年下)にとって
こんな楽なことはない。
そういう意味では年功序列は、
フランクとは言いがたい人間関係の日本においては、
とても優れたシステムだと思う。

しかし、ここで若者は方言の敬語が話せずに苦労する。
仕事の上司とうまくコミュニケーションできない。
営業先の顧客と仲良くなれない。
これは、つらい。

教師たちが、方言についてどう思ってるのか
一度、聞いてみたい。

遠慮と無遠慮 イナカ者は遠慮と無遠慮が逆だ。
親しい人に遠慮するが、見知らぬ人には無遠慮に振る舞う。
親しい人からは「水くさい」と思われることも多い。
初対面の人からは「不作法な人」と判断される。

親しい人には、多少、面倒をかけて良い。
面倒をかけられた人は、次に、なにかを頼みやすくなる。
そうしながら、フランクな関係が作られていくだろう。

逆に初対面の人、見ず知らずの人には
もっと、遠慮して対応をすべきだ。

行列に割り込む、駐車スペースを奪い合う、
公衆浴場の洗い場に私物を置いて占有する。

文句を言うとお互いに不快になる。
本当は、適切な言葉をかけあえれば一番良いのだが、
気の利いた言葉をかけれる人は、なかなかいない。

少しずつ気を使うことで、みんなが不快にならずに済むのだが・・
 
 
どうする? ビデオ屋の入り口ドア。
押せば開く。手を離せば勝手に閉じる。
ある角度以上に開くと開けっ放しになる。
よくあるタイプのドア。
入店しようとした私の後ろに数人の団体さん。
私が押し開けたドアから手を離すかどうか
非常に微妙な距離で後続している。
私が開けっ放しにしたドアから次々と入店。
先頭の人は、ドアが閉まっていたことを知っているが
最後尾の人は知らない。
だから、最後尾の人はドアを閉めない。
かと言って、私がドアボーイよろしく
最後尾の人の通過を待って閉めてあげるのは、いやらしい。
が、開けっ放しになるのはなんとなく責任放棄みたい。
考えつく方法は「最後の人は閉めておいてください」
と言い残すことか?
「はぁ?勝手に開けといて何だこのオヤジ」
と思われるのも、なんだしなあ。

 
最後の役人 久々に役人、役人した公務員に会った。
もちろん、ケンカした。
その役人の言い分は、極単純で
「自分に話しが通ってないからダメ」
というものだったのだ。
まだ、こんな役人がいたかと唖然とした一方、
論破してやりたい欲望がフツフツとわき上がる
のを禁じ得なかった。

部下の手前、コテンパンにされた奴は
これからの役人人生、どうするんだろう。

でも、奴にしたら
サンダルつっかけたTシャツの人間を
甘く見てケンカふっかけると
痛い目を見ることもある
程度の認識しか持たないんだろうなぁ

 
価値観 子どもを持つと価値観が子ども基準になります。
レジャーも子どもが喜ぶかどうかが選択基準。
ふと考える。子どもがいないときも自分の価値観
を持っていなかったんじゃないか?
例えば音楽。
耳慣れた音楽が心地良いのは、慣らされたから?
例えば味覚。
「おふくろの味」や「ふるさとの味」は慣れている味。
例えば美術。
ミロやピカソが段々すばらしく見えて来る。

こういうのは「これが良い音楽」「これがおいしい味」
「これがすばらしい彫刻」と言われて育ったから。
じゃあ、誰がその基準を決めるのか?
たまたま、評論家に認められなかった天才画家は
絶対に売れない。

子どもは自分の価値観を確実に持っている。
大人たちよりずっとえらいなあ。

自分の価値観に自信を持つ方法。
ひとりぼっちになること。
 
35才 35才といえば、オヤジだよな。
別にオヤジになりたくないわけでもないけど、
70才になるまであと35年もあるのか。
そう思うと、まだいろいろ遊べそうでうれしい。
いや、負け惜しみじゃなくて。

いやぁ、書きたいことはもっとあったんだけど
忘れちゃうんだよね。情けない。


プレステ2 プレステ2が発売された(らしい)。
ビルゲイツさんは、すでに対抗馬を発表し、
同機を牽制している。
それだけ、プレステ2はすごい機械なのだろう。

ふと、顧みれば私の横に任天堂の初代ファミコンが鎮座ましまし
ておらられる。もちろん、テレビのチャンネルを1にして
(全国的に1chはNHKだと思っている奴。反省しなさい)
スイッチを入れれば、サッカーゲームが始まるのさっ。
ソフトは三国志もあるしドラクエ3もある。
スペースインベーダー、ビリヤードなどなど、
スーファミが登場して値段が暴落したときに
買いそろえたものたちなのだ。一本50円という強者もいる。

と、プレステ2なのだが、さわったことがないので
詳細は不明だが
画質がきれいになったこと以外、ファミコンと
同じではなかろうか?

ハードの発達にアイデア(人間)がついていけなくなって
は、いまいか。
なにも、ゲームに限った話しではないが。
(うーん、天声人語っぽい終わりかただ。満足)
 
 
チンする 「電子レンジで食べ物を温める」という意味の日本語。
つくづく、よくここまで縮めたもんだと思う。
なんで、ここまで一般化したかがすごく知りたい
市民権を得るきっかけは電子レンジのCMじゃないだろうか
電器メーカーが「チンしよう」かなんかをキャッチコピーに
して一気に広まったのではないかと考えるが、いかがか

いずれにしても、つくづく不思議なのは
チンという響き
なんの抵抗もなく一般に、特に女性に受け入れられた
ということだ
逆に女性だから、広めやすかったのか
ヒットする化粧品はパッケージがチンに似て
いなければならないとも聞く。
女性の深層心理の琴線にふれる響きだったのかも知れない。

  
  
ラーメン屋の客 先日、ラーメン屋に行った。休日だったが昼時だったので、
店内は満員だった。私が押し開いたドアにはカウベルみたいな
のがついていてカランカラン鳴ったのだが、その瞬間、
この満員たちが、一斉に私の顔を凝視したのだ。
私はかなりたじろいだ。「なぜ、こんなににらまれるのか」。

結局、満員たちに気後れした私は別の店を探したのだが、
あの満員たちの目がずっとひっかかっていた。
満員たちは、ドアが開いてカウベルが鳴るたびに
入店者を確認していたのだろう。
しかし、それは、なんのために・・・

人混みで一人が視線を急に動かすと他の大勢が
最初の一人と同じ方向を見てしまうという集団行動は
よく見かける。
今回の満員たちも同じように、店内にいた一部の人に
つられるように視線をドアに動かしたに違いない。
では、この一部はなにを見ようとドアに視線を集中させたのか?

私は満員たちの視線に「よそ者探し」の意図を見てしまっていた。
都会の喫茶店で同様のことが起こるか?絶対に起きない。
なぜか。それは、「よそ者」が存在しないからではないか。

つまり、満員たちは「座れた」という、いわば競争の勝者であって
そこに、既得権所持者という、うっすらとした一体感を共有して
いたのではないだろうか、というのが私の推論である。
満員たちにとって新参者は自分たちの既得権をおびやかす
存在だったのではなかろうか。

いずれにしろ、私は満員たちの視線に
吐き気がするような田舎くささ を感じた。

  
  
オーナー イタリアの各サッカークラブを応援しているサポーターは
クラブの選手ではなく、オーナーを応援しているのではなかろうか?

だから、地元出身の選手でなくとも、極東からやってきた選手であっても
力一杯、応援することができるのではなかろうか?

同じ地平に存在するオーナーに対してなら、方針への賛同も反対もできる。
天上人に対しては意見を持つことすらできない。

イタリアのサポーターはオーナーを地域の象徴、自分の分身として
とらえているから、良しにつけ悪しきにつけ、応援せざるを得ない。

日本のサッカークラブは会社のイメージが強すぎるため、
選手や監督の入れ替えのたびに、チームイメージが揺らいでしまう。

かたやプロ野球には絶対的なオーナーが存在するのだが
この人は、地域を背負ってないため、共感の母体がない。

まだ百年構想の10分の1が過ぎたばかり。


2005年6月7日設置
隠しページなのに表ページよりアクセス多いのはうまくねーなぁ
@マーク隠して siri隠さず?

表紙へ